婚活のススメ

Profile

・仲人香房代表仲人
・富山県結婚相談業協会会長
・JADP認定夫婦カウンセラー
・JADP認定上級心理カウンセラー
・富山県中小企業家同友会会員
・戸出地区活性化プロジェクト「戸出に“よっといで”」メンバー

片岡 ゆうこ

Entries

Archive

2016.05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チェンジ

お見合い成功、プロポーズ成功、ご成婚・・・報告いただいております

 

婚活を機に(或いはご入会を機に)

ちょっぴり意識チェンジされた方がお幸せつかんでいらっしゃるようです

 

◎ 一例・・・

 

おしゃべりチェンジ(自分中心の話題→聞き役)*

性分チェンジ(照れ→ほめ)*

属性チェンジ(草食→肉食)

見方チェンジ(あら探し→いいとこ探し)*

メガネチェンジ(使い古し→スタイリッシュなフレーム)*

服装チェンジ(年中黒づくめ→パステルカラーの明るい服装)

メールチェンジ(用件だけの事務的→初めての絵文字&顔文字使用

帽子チェンジ(薄毛隠し→おしゃれ帽子)*

食事チェンジ(ラーメン→パスタ)

会計チェンジ(男性出し→たまには女性からごちそう)

人生観チェンジ(学歴年齢、世間体→人生一回、人柄重視)*

 

・・・・・私がアドバイスしたもの(*)やご自分で気づき実践された一例でーす

 

 

「そういうこと」

「こういうこと」

は、仲人の私からすれば「そういうこと」

<「ね!言った通りでしょ!!」・・・と言いたいところをグッとがまん、がまん・・・

 

仲人は婚活のプロであり、婚活男女の心理カウンセラーです。

会員さんへのアドバイスは、

(少なくとも一般のかたよりは)ツボを押さえた効果的なものであることは間違いありません。

 

時にはちょっぴりお耳が痛く感じられることもあるかもしれませんが

(だまされたと思ってでも)素直に実践していただくと

前述

「こういうことだったんですね!」

のお言葉が出る結果となるんです

 

ところが、現実は

(良く言えば)マイペース

(反対の見方をすると)自分中心、他人にかまわれたくない!というかたもいらっしゃいます。

 

高学歴のエリートのかたでも恋愛学は初心者だったり

肩書ご立派でも交際下手だったり

上司の言うことは聞いても仲人の言うことは聞きたくなかったり

・・・というかた。

 

それでいて、他人にとやかく言われたくはない!

というかた・・・・

 

そのようなかた、

すこーしだけでも仲人の意見に耳を傾けて!

(素直にというとムッとされそうですので、なんて言えばいいのか・・・)

ちょっとの間だけピカピカの一年生になって、仲人のお話聞いてくださいな。

 

渾身の婚活極意、お伝えいたします  絶対お得

(内容は人それぞれ、個々場合に応じて)

 

 

 

「良薬耳に痛し・・・・・」 by たつみ

 

 

「こういうこと」

仲人香房では、

成婚されたかたのほとんどがお見合い1〜3回で成功されております

 

多い方で5回。

 3分の1のかたが最初のお見合いで決まっております

(中には人生初めてのお見合いで決まったかたも

 

「とりあえず会ってみて」

「いろんな人に会ってみよう」

「会ってくれるなら誰でも会ってみよう」

・・・業者の多くがこのような言葉で会員さんに紹介を促します

<ある意味婚活業界では常識化。>

 

 

このような紹介の場合、ほとんどが

お見合い時に男性側が業者に紹介料を支払うシステムとなっています。

 

<ということは!!?>

 

失敗重ねるごとに業者は儲かるシステム

 

<成婚までのお世話の労力要らず>

 (簡単に儲かる!)

 

・・・・・・・・・・

 

◎お見合いベテラン(失礼)会員さんの一例・・・

 

A社で1回?万円のお見合いを十数回、B社では??万円のお見合いを数回

  数社の入会金等合わせて2年間で100万以上の大金を婚活に使った男性

  (業者を儲けさせただけで実りなし

 

ただで入会したものの、希望しないお相手とのお見合いを義務づけられた女性

  (都会と違って地方では会えば会うほど情報が知れ渡り、鮮度が落ちてしまうことも・・・

  (また、女性が会うごとに業者は儲かります)

 

 

このような経験をしてこられた会員さんには、まず丁寧にカウンセリングさせていただき、

やりかたの軌道修正。

現実に即した実りある婚活モードにリセット!

 

そしていよいよ、本当に願うお相手とのお見合い・・・

 

その結果、

初めて(或いは数回)のお見合いで見事カップル成立となったかたがおっしゃるセリフが・・・・

 

前述の(前回ブログ)

「こういうことなんですね!」

 

婚活の苦労を知り、辛酸嘗めてきたからこそわかる

「こういうこと」

 

・・・・・こんな意味合いもあれば、

実は、他にもあります・・・。

 

「こういうこと」に隠された真実!!?

 

 

<また、つづく・・・

 

 

こういうことなんですね!

ご成婚された会員さん、或いはお見合い成功されてカップルになった会員さんが

 仲人へ報告時口を揃えておっしゃる言葉・・・

 

「こういうことなんですね!」

 

初めて婚活スタートしたばかりのかた

婚活歴長くてお見合い失敗続きのかた

今までご希望の紹介相手がなかったかた

 

・・・このようなかたの面談では

未婚率や期間成婚率等のデータや

実際の婚活現場の実情をお伝えし (一般的に会員さんがご存じない情報も!)

 

ご入会斡旋の(夢のような希望を持たせる)営業トークはしないようにしております。

 

それから、

例えばあまりにも現実とかけ離れた希望条件のご提示があった場合は

正直に

「難しい」旨をお伝えいたします。

 

そうすると、中には

「ようするに無理なんやね」

 

と肩を落とされるかたも・・・・・。

 

けれどもここで言う

「難しい」「無理」は、決してイコールではないのです。

<ここが重要>

 

「難しい」は、やりかた(考え方)次第で大いに可能性があるということ

「無理」は、「無理」・・・極めて不可能に近いこと

 

<注:広辞苑の解釈ではありません>

 

・・・・・・・・・

では、どうやったら

「難しい」状況を打破できるか??

そこを真剣に考えていただくと、成婚への道は近いです

 

そして、結果みごと成婚されたかたの一声が

「こういうことなんですね!」

 

となるわけです

 

さて、これにはどういう意味が・・・??

 

 

<次回につづく・・・

 

会えただけで・・・

「お会いできただけでもよかったと思っています。」 (先日お見合いHさん

 

感激しました・・・

なかなか言える言葉ではありません。

 

お見合いの結果は、成立か否か・・・

残念ながら、全員マルの場合ばかりではないのが現実です

 

大体のかたは即日、遅くても次の日には結果報告いただきます。

 

こればかりはご縁ですので、どうしようもないとはわかっていても

 

理由をキビしく追及され、はげしく落ち込むかた

そんなはずはない!とおキレになるかた(ごくまれに)

仲人に責任追及されるかた(こちらもごくまれに・・・

こちらももともとその気はなかった、とポーズとられるかた(なんとなくお気持ちはわかりますが・・・

 

このようなかたチラホラいらっしゃる中、

Hさんからいただいたメッセージ

「お会いできただけでもよかったと思っています。」

 

なんだかとてもジーンときました。

 

結果は、今回は残念がらお断り・・・となりましたが、

Hさんの

一期一会の精神に仲人たつみ、頭が下がります

 

ところで、

Hさんのお見合い当日、偶然同じお店で先月成婚されたSさんご夫妻とバッタリ

 

旦那様のご家族と同居の新婚Sさん

「なるだけ休日は夫婦でお出かけを・・・」とお願いした通りに実行いただいてる様子に

仲人たつみ、カンゲキー

 

また、その日に面談のTさんから聞いた以前入会されてた相談所の体験話・・・

 

紹介料金一回数万円払ったお相手が

なんと!お見合い中にそこらへんに置いてあった雑誌読みだしたとか・・・

 

婚活されてるかたとは思えない行為。

<Hさんの「一期一会」の精神とはかけ離れてて比較になりません・・・。オドロキ>

 

狭い県内の人間同士、

いずれどこかでばったり会うことだってあるかもしれません

 

お見合い相手であろうが店員さんであろうが、役所の窓口であろうが医者だろうが

出会ったときに記される人生の1ページ・・・

たった一行であっても良い思い出となったほうがいいんじゃないかなー

 

・・・なーんてね。

<自分にも言い聞かせてます。Hさん、気づかせてくれてありがとう