婚活のススメ

Profile

・仲人香房代表仲人
・富山県結婚相談業協会会長
・JADP認定夫婦カウンセラー
・JADP認定上級心理カウンセラー
・富山県中小企業家同友会会員
・戸出地区活性化プロジェクト「戸出に“よっといで”」メンバー

片岡 ゆうこ

Entries

Archive

2016.05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

私みたいが!?

元会員さんのお母様から

「たつみさん、なんかあったがけ?」 「私みたいがおったけ?」

 

前回のわたくしの殊勝な(!?)メッセージを心配されてのお電話です

「なんもないちゃー。日々反省ですわー」

「よかったー安心したわ。また私みたいがおったかと思ってー」

 

“私みたいが”とは、

息子さんに長い間お待たせしてしまい、ブチ切れられた一件のこと

<息子さんの望みとターゲットの女性の条件が合わず、ご紹介までかなりお待たせしちゃいました・・・お待たせはしましたが、無事ご成婚!今では仲良し。お友達のお子さんの紹介も!>

 

いつも言っておりますが・・・

会員さんの希望とかけ離れたかたをテキトー(或いは無理やり)に会わせても決して良い結果は生まれません。

わたくしの経験では、

事前によく話し合い、現実を見据え、ある程度詰めたかたちで会っていただくのが一番

 

今までやみくもにかたっぱしから会ってきた方ほど、

「婚活迷子」さんや「婚活疲労」で暗くなっておられます

 

そのような現実を見てるからこそ

会員さんとの打ち合わせ を大切にしたいと思うのです

<まずは誰とでも会ってみよう!・・・は過去のやり方。素人の発想。>

 

私は婚活ビジネス(金儲け)のプロではありませんが、

成婚仲人のプロとしてのノウハウには自信があります

 

お母様たちにご心配いただいたので、

次回はちょっぴり自信のあること書いてみましょうか・・・・・<自慢じゃないよ>

 

 

戒め。

「仲人」を志した時から“趣味”と“自己チュー”を封印し、

「黒子」に徹してたつもりでしたが、

俗物故・・・なかなか煩悩捨てきれず

 

趣味のこと書き出すとついつい調子にのっちゃいましたー

 

香りの仕事をしてた頃は完全調子にのっちゃってました

 

その頃を思い出すと恥ずかしくて顔から火が出そう<我ながら、自分の単純さを猛省

めずらしいことをしてると、あちこちからお声がかかり、

新聞や地元のTV取材ラジオ、雑誌などかなり調子にのって出させていただきました

 

<根が単純なので、チヤホヤされるとつい調子こいてしまう悪癖>

 

気が付けば、

大好きな「香り」の世界が、単なる自分の「自慢」になってたような気がいたします。

<本来、パフューマーの世界は完全「裏方」。地味で根気を要す作業なんです・・・。自分が!自分が!!と出たがってはいいパフォーマンスは生まれません>                                        

 

その時の教訓を胸にきざみ、「仲人」では黒子に徹することにいたしました

<自分が主役ではない!!!>

 

目立つところに顔を出さない(私といると入会してるのがばれちゃうと申し訳ない)

絶対に調子にのらない

そして、

会員さんの心の声を聴くようにつとめ、自分の価値観や好みを押し付けない

 

・・・・・・

と。

 

自宅にひとつ残った

古い香水が思い出させてくれました・・・

 

サロンの趣味コーナー、早くも撤収です (調子こいてごめんちゃい)m(__)m

 

 

 

ハート重視

お見合いでお相手を選ぶにあたっては、どうしても

“条件”を優先されるかた・・・少なくないです。

「学歴」

「年齢」

「年収」

などなど。。。

 

ところが、

中には当初の希望条件が見事覆った例も

 

 

今週、婿養子希望だったO君から夜

「たつみさん、僕思いました!今まで多少は財産や家柄とか気にしてた時期もありましたが、やっぱ結婚は二人の気持ちが一番なわけで・・・

いろんなこと話し合えたり、冗談言い合ったり、そんなことができる相手じゃないと一緒になる意味がないいんじゃないか、と

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これからは、そこのとこを重視して婚活していきたいと思います」

 

 

偶然!?翌日には女性会員Mちゃんからも

「彼といると楽しいんです。仕事や経済力も大切だと思うけど、一緒にいてすごく楽しいんです。私、彼に決めます!」

 

お二人とも、仲人香房ではめずらしく(!?)けっこう婚活歴長い会員さん

最初はかなり条件にこだわっていたのが

少しずつ柔軟に・・・・・。

 

相手に求めるだけじゃなく自分の条件をも見つめ直し

出した結論が、

「ハート重視」

 

お見合いでも恋愛

ステキです趣味のコーナー

 

仲人たつみ、

身上書にない「行間」をお伝えできる仲人目指し、

日々研鑚

 

<マッチングの腕磨き

 

 

 

マッチング習慣

「趣味」の話の続きを。

 

あらためて、自身の「趣味」を考えると・・・・・

 

ない!

ことに驚き。

なにしろ、ここ数年、休日&休憩のない生活(TV鑑賞と読書をやめたおかげで、本当に「仲人」の仕事に打ち込めます

 

以前の「趣味」といえば・・・

香水、シガー、スピリッツ&ワイン等

のめりこみやすい性質なので、かなり勉強しましたが

今生活の中で取り入れてるのは「香水」だけかも!!

 

(実は、仲人香房の「香」の字もその名残りなのです

 

香水づくり(調香)の世界で一番大切なのは「アコード」(調和)

香りと香りの「調和」なんです

調香師の授業では

「調和」「バランス」素材を見極める「感覚」の鍛え方や「デザイン」などを学びました

 

シガーやワイン

ドリンクやフードとの「相性」が命。もっといえば、場所やその場の雰囲気、パートナーも重要

 

今では趣味に没頭する時間はありませんが

日常の中で「マッチング」にはかなり気を使っています(それが超楽しい

 

その日の服装と香水のマッチング

<たとえば、冬は温かみのある香りを選びます。動物性香料やバニラなど・・・体温上がる感じします)>

ティータイムの飲み物とデザートの相性

<たとえば、エスプレッソに濃厚なビターチョコ・・・めちゃ(×)美味しいです

 

先日、元会員さんから焼肉に誘われたので

シャレのつもりで豚ちゃん(アップリケ)のニットを着て行きました 気分アガりましたよー衣食の「マッチング」

<何を隠そう!わたくし大の肉食ホルモンヌ(←古い!?)でーす>

気分は可愛い子ブタちゃんなーんて

 

共食い・・・とも!!!

 

日々の「マッチング」習慣、

仲人にはかなり生かされてると自負しているのですが・・・評価はいかに

 

 

 

「趣味」越え

お見合いの立ち会い(お引き合わせ)は、仲人によってスタイルは様々です。

ご紹介のあと、少し場を和ませてさっと席を立つのがスマートなやり方なのでしょうが、

面白い話にはつい聞き耳をたててしまうことも・・・(アバンティ???)

 

*************************************************************

コミック&アニメ好き男女のお見合いの席。

会話の中で

初めて「腐女子」という言葉を耳にしました

かなりお詳しいお二人のお話はとても熱く、素人(!)のわたくしが聞いてても大興奮

作家名とタイトルの組み合わせバトルがどんどんヒートアップして

イントロ当てクイズ(・・・古いですか)のような迫力場面に

 

大好きな世界をいきいきと話されるお二人の様子に

「趣味」を超え、とても深いものを感じてしまいました感動・・・

**************************************************************

 

「趣味」といえば

 

最近、男性にしてはかなりめずらしい香水コレクターと遭遇

しかも、

コレクションはすべて女性用フレグランス(主に軽めのオーデトワレだそうです)

 

嗜好の話は「カクテル」や「シガー(葉巻)」にまで及び、

大変楽しい時間を過ごさせていただきました

<ちなみに、嗜好の世界は「マッチング」が肝

 

 

仲人たつみ、

ずいぶん昔に新聞社のカルチャー教室で「香水講座」をやらせていただいておりました。

今思えば、

その時の生徒さんのご縁を取り持ったのが私の「仲人」のはじまり・・・第一歩だったと思います

 

引き出物には

生徒さんと一緒にオリジナル香水をつくりました (なつかしい!・・・時間あったらまたやりたいなぁ

 

高岡サロンに私の香水コレクションの一部あります最近のお気に入り香水興味あるかた、見に来てね