婚活のススメ

Profile

・仲人香房代表仲人
・富山県結婚相談業協会会長
・JADP認定夫婦カウンセラー
・JADP認定上級心理カウンセラー
・富山県中小企業家同友会会員
・戸出地区活性化プロジェクト「戸出に“よっといで”」メンバー

片岡 ゆうこ

Entries

Archive

2016.05

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

こんなん、おかしい

今年はご入会者が多すぎて(嬉しい悲鳴)思い切ってしばらく広告をストップしてみましたが、

現在も毎週新規の会員さんがご入会されております

 

HPやブログを読んでいただいてお問合せ下さる方もあれば

会員さんのご紹介で入会される方も!

どのようなきっかけであれ、新規の会員さんが増えることは本当にありがたいです

 

何よりも嬉しいのは、お待たせしている会員さんにご紹介のチャンスが増えること

 

今年は他社含め10年以上(うちでは4年)婚活されてきた男性が、仲人香房に入会したばかりの女性とご成婚されました

 

その彼いわく

「こんなんおかしい。信じられん!サクラでないがけー」

 

「サクラが結婚してくれるわけないでしょー

「そうやねー、こういうもんなんやねー

 

 

婚活ベテラン選手(失礼!)が成婚された時、思わず口からこぼれるのが

 

「こんなん、おかしい」

 

それこそおかしい(!)言葉ですが

私には、

今までの苦労をしのばせる深くてちょっぴり切ない、だけど微笑ましい心の声に聞こえてなりません

 

昨日ご入会された男性からのお問合せ

 

>初めましてメールで失礼します。

〇〇〇〇と申します。現在婚活を開始して5年になります。今まで相談所には入会はしてなかったのですが、地元の婚活イベントや合コンパーティーなどに参加してきましたが、なかなか良いご縁がなく友人の紹介でお付き合いさせて頂いた方とも残念な結果となりまして行き詰まりを感じ、相談させていただきたいと思っております。

まだ男性の入会募集はしていますでしょうか?まだ募集しているようでしたら入会したいと思っております。どうか宜しくお願い致します。

 

〇〇さんとの面談でわかったこと彼は、現在活動中の会員さんの知人でその方の勧めもあってお問合せくださったとのことでした。

婚活の輪……「持つべきものは友」ですね〜 (さて、どちらが先にゴールインか!?)

 

婚活イベントで結果の出ない女性の駆け込みが多い中、最近は男子の駆け込みも増えてきました

 

この機会に、そんな方達から聞こえてくるお声をもとに

自治体だけでなく、巷のパーティーやイベントについても少し考えてみたいと思います……

 

 

>>>>>>>>>

 

夏の終わりに駆け込みドライブ

新湊のNEWデートスポット

「海の駅 Sazan」 へ

 

海の駅 Sazan

 

束の間海辺のカフェタイム

Sazanにてカフェタイム

 

心地よい潮風に癒されて身も心もリフレッシュ

 

チャージ完了さ、いきまっせー

 

 

駆け込み男女募集中http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html

 

 

自治体の婚活事情

前回の続きです。

 

有名お笑い芸人が司会を務めるお見合い番組の実績について。

記事には、「嫁不足」に悩む地方自治体が同番組に熱い視線を送る舞台裏に触れ、

 

>引く手あまたなのは、2012年放送の前身番組以来、今年5月放送分まで全国26カ所でのイベント開催で確かな実績があるからだ。

番組内で成立したカップルは400組以上、結婚まで至ったのは50組超、放送後に恋人となるケースもあるという。  (2015/7/3付某新聞別紙)

 

とありました。

 

あれだけの大々的な全国規模の番組の成婚が26ヶ所でたったの50組とは驚きです

単純に平均すると、1イベントでたった2組の成婚

 

26ヶ所のイベントには一体何人の男女が参加したのでしょう?何百?ひょっとして千人以上?

想像をはるかに越える少ない成婚数です

 

それにしても、こんなに少ない成婚数を「確かな実績」とは・・・

違和感を覚えたのは私だけではないように思います

 

番組を批判する気は全くありませんが(娯楽として楽しく見させていただいております

いち仲人(婚活業者)としては、この数字の持つ意味は大きいです。

まさに「成婚」がいかに難しいものかをあらためて考えさせられる事実とも言える気がいたします

 

 

>>>>>>>>>

メディア等で度々報じられていますが、

国の少子化対策の御旗の下、大きな予算が地方自治体に流れ、ここ富山県内でも行政が積極的に婚活事業に取り組むようになりました。

首長の公約により実行せざるを得なくなったお役人さんが考え付くことの定番は、このような人気番組に取り上げられることの他に

セミナーや街コン等のイベント開催サポーターを募ってのお見合い事業等々。

 

そして、

ノウハウを持たないお役所さんのニーズに応えるべく登場したのが

都会の大手婚活業者による

自治体婚活請負サービス

要するに婚活事業の委託です。

お役所にとっては楽ちんな上に予算は一気に消化できる(!)まさに一石二鳥の有難い救世主

 

お役所にとっては願ったりかなったりのありがたさ

何より役所と業者の目的はぴったり合っているwin-win(役所は監督するだけ、業者は金儲けすべてが血税

 

 

でも、

ちょっと!ちょっと!

ちょっと待ってちょっと待って〇〇さん!(もう古い…?

 

何か大事なことを忘れてはいませんかーーーー

 

 

 

婚活番組の実績

遅くなりましたが、興味深い記事を発見した話の続きです

 

►先月の某新聞別紙記事について(7/3付)

 

過疎化で「嫁不足」に悩む地方の独身男女と全国の女性がお見合いする番組について書かれておりました。

(以前富山県南砺市も放送された番組です)

有名お笑い芸人が司会を務める同番組が、自治体から熱い視線を浴びているという内容です。

 

私も時々は楽しく見させていただいておりますが、

婚活業者として何よりも気になるのは

 

成立したカップルのその後’

(知りたいのは視聴者の方も同様では?)

 

なんと、今回の記事には番組の舞台裏ということで、成立カップルのその後が「確かな実績」という書き方で掲載されておりました

 

それが、実に驚きの数。

目を疑うような数ですが、なぜか(!?)記事には

「確かな実績」と…

 

 

 

夫婦で家飲み

お盆も相変わらずの休み返上…朝から夜まで毎日お見合い、面談

そしてご卒業式も!

Sちゃんと彼

昨日は先日行った「深層水あわび」のお隣の町から来てくださいました

今年2組目のお婿養子さんカップルです

 魚津のイケメン

お婿さんと言っても

ちょっぴりワイルドでカッコイイ彼は女性をリードするタイプ

一歩下がってついていく古風なSちゃんとは相性ピッタリ

 

見た目はとてもおしゃれで華やかなお二人ですが、

意外にも、共通の趣味は「晩酌」

 

「家飲み」が最高のお楽しみらしく、

すでに女性のお家でご家族とも晩酌を楽しんでいらっしゃるそうです(いいな、いいな

 

「家だと車の心配もないし安くつくから〜」

というSちゃんに、

 

「俺はおしゃれな店でも全然行くけど(彼女が)家がいいって言うからね」

と彼。

 

にっこり見つめ合うお二人の様子がとてもほほえましく、素敵でした!本当にお似合い

 

出会って3ヶ月の間に

私が特にアドバイスをすることなく、すでにご家族ともすっかり良い関係を築いてる感じのお二人には頭が下がります!(Sちゃんの愛犬もなついてるそうです)

 

初めて会った時からピーンと感じるものがあったお二人は

お見合いでも恋愛という言葉がピッタリ

 

夫婦で「家飲み」

ひとりではできない憧れのスタイル

 

おいしいつまみとお酒を飲みながら、楽しいお喋り…理想です(苦手な方はお茶でもOK!)

 東部Sちゃんサイン

 

私もちょいと見習って

今夜は帰りに秋吉買ってやりましょか・・・(皿にはのせるよ!)

 

 

これで今年は県東部の会員さん15名のご成婚です。お次は西のカップルさんかな…?

 

 

あわびと婚活

先日ひとっ走り行ってきたのは入善「牡蠣ノ星」

入善町に今月オープンした「牡蠣ノ星」

 

全国から集結した生牡蠣と、深層水あわびの浜焼きを堪能してきました

 

 

生牡蠣 美味しかったです

全国の生牡蠣

真牡蠣と岩牡蠣

レモンをチュッと絞ってぺろりまいう〜

 

さざえの壺焼きも! 浜焼きさざえ

 

この日一番のお楽しみ

‘深層水あわび’ は相方と2個ずつ注文。

 

すると、お店の方が

「みんな、こっち来い!めったに見れんもんやからしっかり覚えとけ!」

私たちのテーブルにスタッフの方がぞろぞろと見物に来られたのには驚きました

テーブル横の窓からも職員の方が…

全員であわびの地獄踊りを凝視(なんだか照れるなー

 

深層水あわび

 

どうやらオープンしたてで、鮑焼きを注文したのは私達が初だったようです

 

「そのままか醤油で」と言われましたが

それはないでしょ〜

 

焼き鮑にバターは鉄板です!(特に肝バター最高!)

 

お店の方にお願いしてバターをわけていただきましたが

「やっぱバター要るけー?」とのんきな様子(でも憎めない感じ

後日行われたイベントではちゃんとバターを提供しておられたか…気になっています

 

 

気になる…といえば、

入善町でも少子化が深刻な問題となっており

婚活事業にも積極的に取り組もうという姿勢で今年度は特に大きな予算がついているようです。ところが、なぜかこの時期に未だ足踏み状態の様子。

予算消化のためのやっつけ仕事とならないことを願います。

 

 

ほとんどの自治体の婚活事業で成果が見られないのに、

ごり押しで進める背景には予算の消化というお役所特有の裏事情が…。

 

予算消化のための前哨戦と思われる「町民アンケート」には、事業に結びつけるための誘導的な質問がなされているように感じます。

 

仮にですが(あくまでも仮定です)

金額を示して問うアンケートには違った答えが出るように思います。

例えば、

「町が婚活支援に取り組むべきか?」という質問を

予算額を示した上で

「〇百万を投じて町が婚活支援に取り組むべきか?」

このように問えば、果たして答えは?

 

 

ここで、なぞかけ!

 

 

「深層水あわび」とかけて「婚活」と解く

 

そのこころは…

 

どちらも町の‘肝入り’です(肝入り事業)

 

広く浸透することが肝要です

 

ちゃんちゃかちゃかちゃか♪ちゃんちゃん♪(笑点)

 

 

なにはともあれ、

フレッシュな生牡蠣も小ぶりな鮑もそれなりに美味しく頂けました

 

デートコースにはちょっと??ですが、

貝好きグルメカップルさんには楽しいかもしれません

鮑の地獄焼きはちょっぴり残酷ですが盛り上がりますよー