婚活のススメ

Profile

・仲人香房代表仲人
・富山県結婚相談業協会会長
・JADP認定夫婦カウンセラー
・JADP認定上級心理カウンセラー
・富山県中小企業家同友会会員
・戸出地区活性化プロジェクト「戸出に“よっといで”」メンバー

片岡 ゆうこ

Entries

Archive

2016.08

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小さな宝もの

65歳以上4人に1人超

 

今日の新聞各紙の一面に大きく書かれておりました

ちなみに富山県の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は30.4%

全国10番目の高さに驚きを隠せません

 

 

************ 

 

地方の高齢化の大きな要因とされる「若者の大都市への流出」は

実は女性の婚活を阻む大きな問題でもあります。

 

都市圏の大学に進まれた方はそのまま大都市で就職する方が多く、Uターン組はわずか。

Uターンされた方は県内でそこそこの就職先はあるものの

結婚となると、特に高学歴の女性はご自分に見合う希望のお相手が少ない現実に嘆かれます。

 

結婚を急ぐ男性陣は学歴云々抜きでお相手選びに関して柔軟な方が多いのですが

ハイスペックと言われる女性達はそう簡単に条件を変えることはできません。

そのような現状を知ってか知らずか?現実からますます意識を遠ざける女子力アップやらコミニュケーション、啓発系のセミナーが開催されておりますが、

勉強熱心で真面目な優等生の方ほど、学んだ分だけより高いものを求めるようになり、その結果どんどんお相手を遠ざける事態にもなりかねません。

婚活は学問ではありません。

先ずは現実と向き合うこと。これこそが婚活の王道。

 

この「現実」ですが、ご自分の意思で変えられること、とどうしても無理なことがあります。

 

その一つが経済や雇用問題。

例えばあと100万円年収が増えれば確実に結婚できそうな男性が大勢います。

国の機関や企業誘致、移住促進策等は私のような一仲人のレベルで出来ることではありません。

国や自治体には、成果の出ない単純な結婚支援よりも、もっと根本的な解決策を講じていただきたいと願う次第です。

 

特に経済…頑張っていただきたいです。

 

 

************

 

少子化、少子化と叫ばれる中、

仲人香房では今年になって4人目の赤ちゃんの誕生報告がありました

 

宝もの

 

30代結婚3年目のご夫婦が可愛い赤ちゃんとご来店

お顔アップできないのが残念ですが、

お目目がパッチリ!

ほっぺがプルプル、色白つるんつるん…玉のような艶やか赤ちゃんです

 

大変優秀な才媛才女のお二人、都会に流出せず地元でご縁を結んでいただき、可愛い家族にも恵まれました。

お二人のご両親にも親孝行ができました

奥様がいずれ仕事されるようになったら、おじいちゃまおばあちゃまの出番です。

家族皆で愛情をたっぷり注ぐことができる子育ての環境は、地元ならではのありがたさ

 

お子さんを作ることだけが結婚の目的ではありませんが、

お世話させて頂いたご成婚の先にこのようなご報告をいただけるのは

まさに仲人冥利

たくさんのBabyのばあばになれる幸せを噛みしめております

 

 差し入れ「小さな宝もの」

 

「これ、会員さんと一緒にどうぞ」

とお菓子もいただいちゃいました 

 

「小さな宝もの」と書かれた幸せのおすそわけ、明日から皆さんといただこうと思います

 

 

************ 

 

婚活迷ってる方、

是非勇気を出して一歩踏み出してみませんか?

家族と共に歩む人生は楽しいですよ

お問い合わせはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html

 

 

  

ぷかり、ぷかりと

本日は30代カップルさんの卒業式でした

 

F君&Aちゃんご卒業

36歳F君&33歳Aちゃん長身モデル体型のお二人、かっこいい

 

3ヶ月前、お二人のお見合いはちょっぴり変わったものでした(失礼

ゲームやコミック、映画等趣味がピッタリのお二人は

ある嗜好も共通しておりまして…

 

実は二人とも喫煙者

時代に逆行している感は否めないものの煙草は法律で禁止されているわけでもありませんから、マナーを守れば大人の嗜好品

 

吸いたいのを我慢するつらさや肩身の狭い思いでこそこそやるよりは

デートで気兼ねなく一緒に一服できるのは、喫煙者にとっては至福のひととき

 

というわけで、

お二人のお見合いは高岡サロン近くの「カフェふたば」さんのカウンター

(カウンターのみ喫煙席だそうで…)

 

お見合いというのにカウンターに二人並んでぷかり、ぷかり

(おそらく誰もお二人が初対面でしかもお見合いだとは…)

 

リラックス効果もあってか話が弾み、カウンターで2時間半もお喋りしたのだそうです

 

プロポーズは

日帰りドライブ 高山へ

 

散策しながらどこかいい場所を選んで…ともくろんでいたF君でしたが

結局タイミングつかめず待ち合わせの場所へ帰ってきてしまいました

それでも

 

「今日言うと決めたのだから!」

 

 

気持ちを落ち着けるために車中で最後にぷかり

呼吸を整え、勇気を振り絞ってなんとか無事にプロポーズ

 

見事、AちゃんからYESのお返事をいただくことができました

 

「そんなロマンチックなものじゃあなかったけど」

と照れながら語ってくれたF君

 F君サインポケットにLARK?

 

いえ、いえ、ちゃんとAちゃんには伝わっていますよ

笑顔が最高にチャーミングなAちゃん、その表情が物語っておりました

 

F君Aちゃんの婚活はこれにて卒業

今後は未来の家族のことも考えて少しずつ減らしていきましょうか!(禁煙はきっかけが重要これを機に…)

 

私も以前頑張りました(代替品はドーナツ…シュガーレイズド〇ヶ月食べ続けました

 

ショートカットのAちゃん

 

F君Aちゃん、入籍したら必ず連絡くださいねー

(入籍ご報告のあった新婚さんにはささやかなプレゼント実施中

 

 

>>>>>>>>>>>

 

プロポーズ成功報告〜卒業式のご予約がどんどん入っております

目指せ、全員ご成婚!先ずは300組

 

 

ブログ7周年

早いもので、今月でブログを始めて7年です

 

ご入会の際に

「ブログ全部読んで来ました!」

という優等生(!)の方がいらっしゃいますが、

 

婚活の様子は時代と共に目まぐるしく変わっておりますので、今読み返すとおそろしくこっぱずかしい箇所もあるかと思います。何卒ご容赦ください

 

日々起きている出来事をその時々の思いで書き綴っております

 

 

***********

 

会員さん全員のご成婚を目指して

少しでも多くのご成婚を!と、7年間試行錯誤してまいりました。

 

新規に結婚相談所を開業する方の多くが先ず手掛けるのが

 

大手の協会への加盟

マナーやコミニュケーション等のレッスン

合コンやパーティー等のイベント

 

この3つ、御多分に漏れず私も…

 

大手の協会では、3年連続成婚の最優秀賞をいただきましたが

成婚会員さんのほとんどが自社会員さん同士だったことと、現在主流のネット検索というシステムが地元の方に抵抗があったため加盟料の負担も考え、脱退いたしました。

大がかりなシステムより、実はアナログなやり方のほうが個人情報も守れることがわかりました。

仲人香房では、現在ネット環境下での管理はしておりません。

 

マナーやコミニュケーション等のレッスンも成婚を目指す婚活においてはあまり意味がないこともわかりました。

あくまでもお相手があっての婚活です。ご自分ばかり意識が高くなり過ぎて逆効果となる場合も。

モテ術や恋愛テクニックの指南と婚活は別物です。

実際多くの方に向き合って、多くのご縁を取り持つ中で確信いたしました。

 

小さなイベントを開催してみたことがありますが、私が見たところではお見合いより成功率が高いとは到底思えませんでした。ある一定の方だけが華となるように感じました。

 

このような経験から、

冠や星を求めず、

また会員さんに求めるよりも仲人のスキルアップを図ることが大切だと気付いた次第です。

 

ただ、どんなに立派な予備校に入っても通うだけでは合格しないように、

会員さんにも少し頑張っていただかなければならないことがあります。

それは、

「素直な気持ちで現実を見つめる」ということです。

 

どんな学校を目指すのか?

その学校の偏差値は?センターの合格最低点は?

 

婚活の場合は

どんなお相手を探すのか(目指すのか)

そのお相手はどんな人を求めているのか?

 

さすがに人を点数では表せませんので

お相手が希望する年齢や職業、年収、容姿、趣味嗜好等々…

 

それが自分に当てはまっているかどうか

なければ、努力で補える面はあるどうか、それを頑張ってみるか

或いは間口を少し広げてみるか…

(受験もさることながら婚活は人生がかかっていますから‘最低限譲れない条件’はシビアな面があります)

 

相談所としての試みとして、最近では

お待たせしている会員さんに少しでも多くの出会いのチャンスを、と

一昨年から入会金無料というチャレンジをいたしました。

 

ありがたいことに驚くほど多くの会員さんの入会があり、

おかげさまで多くのご紹介、そしてご成婚を達成することができました。

 

ありがたい悲鳴とはなりましたが、

会員さんの数が増え過ぎることによって目指すべき丁寧なサポートができなくなることを憂慮し、入会金無料の受付は今月いっぱいとさせていただくことにいたしました。

今後は無料チャレンジの目的であったお待たせしている会員さんへのご紹介を最優先とし、新規の入会に関しましては

7月からは旧来通りのシステムに戻させていただくことをご理解いただきたく存じます。

 

長くお待たせしている会員さんや無料で入会された会員さんにおかれましては、遠慮なくご相談や見直しにお越しください。できる限りのサポートをさせていただきます。

写真の撮り直しだけでも大歓迎です。

 

今後の入会の面談時には、婚活の場を知るプロとして

実際の現状をきちんとお伝えし、時には心を鬼にして「難しいものは難しい」と。

その上でどのように進めていくかを会員さんと共に考えていきたいと思います。

 

いろいろチャレンジしたことが全て良い目に出たわけではありませんが、

この仕事を始めてから今までに仲人香房の会員さん100組(200名)以上がご成婚されました。

退会された数ではなく、入籍の確認がとれているご夫婦の組数です。

 

全員ご成婚が目標ではありますが、

先ずは300組を達成したら、憧れのハワイに行っても許されるんじゃないかと相方とささやかな夢を見ております

 

 E夫妻のハワイ土産

 

 

いかだの船長、いざゆかん! (仲人号船長)

 

 

 

****************************

 

お問合せはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html

 

尚、6月中にお申込みされた方は入会金無料とさせていただきます。

 

 

 

 

人情話

落語にはまり出してからというもの、家とサロンの往復道中で一席聴くのが日課になりました

 

先ずは古典から…今まで30ほどの噺を車中で聞き流しております

 

落語の噺の中にはお笑いを超えた「人情話」というスタイルがあることを知りました

 

中でも、有名な「芝浜」という人情話は、夫婦の絆を描いた人間再生の物語。

 

涙なしには聴けない極上の話芸で語られる夫婦のストーリーは、仲人の私にも身近なテーマだけに親しみがあって大のお気に入りとなりました

 

「芝浜」は、

酒飲みの怠け者の亭主と、そんな亭主を立ち直らせるためにつきたくもない嘘をつく女房の噺です。もともと腕利きの魚屋の亭主を見事に再生させるという美談は映画にもなった名作です

 

もう少し‘通’になりましたら、

「芝浜」を十八番とする故立川談志さんのDVDを買い込んで、思いっ切り堪能しようと企んでおります(大晦日かな

 

 

>>>>>>>>>

 

さて、前回の続きですが… 

国の結婚支援や自治体の婚活事業には必ず「少子化対策」の文言が入ります。

予算の出所が国の「少子化対策」ですから当然といえば当然なのですが…

 

以前、ある自治体の婚活イベントの募集広告に

 

男性25〜50歳

女性20〜45歳

 

とありました。

何をか言わん……この年齢差別!上限5歳の男女差

 

アラフォー女子への配慮に欠けたこのような無神経な募集のチラシを、なんと、女性スタッフが配っていたのも驚きです(がっかり

 

 

とはいうものの、仲人香房では年々会員さんの平均年齢は下がる一方で

20代のご入会も驚くほど増えてきております。

実際、20代の方は男女共にお相手が結構年上でもOKしていただけますが

40代の方は男女共に同年代から年下を希望される方が多く、

‘譲れない条件’に「年齢」を挙げる方も少なくない中、なかなかご紹介に至らない場合もあるのが現状です

 

 

そんな中、仲人香房で成婚されたカップルさんには

 

お子さん連れの女性と結婚し、わが子として育てる楽しみを持ち、新たに実子にも恵まれた40代の男性

 

子育てだけが目的ではないと話し合い、心の絆で結ばれ、自然に任せた結果今や3児の親となった30代後半のご夫婦

 

「やれるだけのことはやってみよう、だめならじいさんばあさんまで二人で仲良く過ごそう」と期限を決めて不妊治療を頑張るアラフォーカップルさん

 

「子作りのために結婚するわけではない」とプロポーズした40代男性は周囲の声をシャットアウト!休日は同い年の奥さんとペアルック(!)でドライブや旅行を楽しむラブラブご夫妻

 

このように仲の良い幸せカップルさんもたくさんいらっしゃいます

 

「子供が欲しいから」…という理由だけであまりに年齢に拘った結果、気が付けばご自分の介護の心配を…なんてことになっては悔やんでも後の祭り

少し柔軟にお考えを広げることで、思ってもみなかった幸せがつかめることもあるかもしれません

 

 

先日、プロポーズを控えた男性会員さんから

 

「片岡さんに一番最初に『結婚は辛いものじゃないよ!楽しいものなんだよ』と言われて本当にそうだと思いました」

 

と言われ、超感激

 

「結婚は楽しい」と自然に口にしていた自分にも少し驚いちゃいました

 

苦労も幸せと思える落語の「人情話」に煽られたのでしょうか…

ともあれ、相方がいなければおそらく一生落語とクラシックは聴くことが無かったように思います。

 

(時に結婚は予期せぬ化学反応を)

 

改めて…

「結婚は楽しい」この言葉に偽りはございませんよ!はい、そうですとも

 

 

 

ボーナス近し)

 

 

新婚支援とミシュラン

内閣府が新婚さん支援として

最大18万円の支援をおこなうことになりました

 

先日のニュースに

 

「これはすごい!」

 

と、興奮してよくよく見てみたら…

 

「所得の低い新婚カップルへの支援」ということで、

「年間所得の合計が300万円以下の新婚カップルに、新婚生活に伴う住居費、引っ越し費用として最大18万円の支援をおこなう」

というものでした。

 

がっかりです

 

「結婚生活にかかるお金の不安から結婚に踏み切れない」

という意識調査の結果から単純に考えたものでしょうが(今年の「少子化社会対策白書」)

いかにも所得の低い者を見下したような一過性のばらまき支援に税金が使われるのは残念でなりません。

 

やるなら、新婚さん全員に!と言いたいところですが、

私が先日「私が婚活大臣だったら」で書かせていただいた妄想政策は

どうせ予算を使うなら…という前提で考えたものです。

 

結果を出せないものに血税を使う必要はありません

 

これこそしかるべき第三者が精査すべきでは?(なーんて)

 

 

★ ★★ ★★★

 

前回から引き続き…

またまたミシュランネタで恐縮ですが、新聞によると

県と富山市が英語版ウェブサイトの作成支援などに計2千万円近い公費を投入するということに疑問や批判の声が上がっているようで、

星の評価の明暗と是非が書かれておりました

 

食の素人の私がとやかく言える身分ではありませんが、

富山市内の老舗仏レストランシェフの

 

「いい仕事をしているお店はもっとたくさんある。ミシュランの評価が、これからお客さんを増やしていこうとする若手のデメリット(不利益)にならなければいい」

 

という言葉には感慨深いものがありました(同感!)

 

ミシュランの星の評価は

「店の雰囲気やサービスとは関わりなく、料理だけの評価」

ということになっております

 

けれども

採点(?)する調査員は、どれだけプロフェッショナルであっても、あくまでも人

 

評価の正当性という意味では、選ばれなかったお店にとって悔しさや疑問を持たれるのもわかる気がいたします。

難しいところですね…

 

 

受験や資格試験と違って、こういった感覚的な要素のある評価というのは本当に難しいものです

 

ミシュランガイド富山石川

 

 閑話休題

 

結婚支援とミシュラン評価、あまり接点がないような二つの話題を書きましたが

金額の差はあれ、どちらも公の予算が関与しております

 

ウェブサイトの行政関与は、これを機に海外からの観光客を呼び込めれば、という目的らしいのですが

 

結婚支援の評価においては、はたして?

ミシュランとはいささか様子が違ってまいります★☆(次回)