婚活のススメ

Profile

・仲人香房代表仲人
・富山県結婚相談業協会会長
・JADP認定夫婦カウンセラー
・JADP認定上級心理カウンセラー
・富山県中小企業家同友会会員
・戸出地区活性化プロジェクト「戸出に“よっといで”」メンバー

片岡 ゆうこ

Entries

Archive

2019年1月 [2]

2018年12月 [5]

2018年11月 [6]

2018年10月 [7]

2018年9月 [4]

2018年8月 [6]

2018年7月 [7]

2018年6月 [7]

2018年5月 [7]

2018年4月 [5]

2018年3月 [6]

2018年2月 [3]

2018年1月 [5]

2017年12月 [5]

2017年11月 [5]

2017年10月 [5]

2017年9月 [7]

2017年8月 [6]

2017年7月 [5]

2017年6月 [7]

2017年5月 [6]

2017年4月 [5]

2017年3月 [4]

2017年2月 [6]

2017年1月 [6]

2016年12月 [6]

2016年11月 [7]

2016年10月 [8]

2016年9月 [7]

2016年8月 [6]

2016年7月 [7]

2016年6月 [8]

2016年5月 [8]

2016年4月 [7]

2016年3月 [8]

2016年2月 [7]

2016年1月 [7]

2015年12月 [6]

2015年11月 [7]

2015年10月 [7]

2015年9月 [7]

2015年8月 [7]

2015年7月 [8]

2015年6月 [8]

2015年5月 [8]

2015年4月 [7]

2015年3月 [7]

2015年2月 [7]

2015年1月 [8]

2014年12月 [8]

2014年11月 [7]

2014年10月 [8]

2014年9月 [7]

2014年8月 [9]

2014年7月 [7]

2014年6月 [8]

2014年5月 [9]

2014年4月 [9]

2014年3月 [6]

2014年2月 [8]

2014年1月 [8]

2013年12月 [9]

2013年11月 [8]

2013年10月 [9]

2013年9月 [8]

2013年8月 [7]

2013年7月 [7]

2013年6月 [7]

2013年5月 [8]

2013年4月 [7]

2013年3月 [7]

2013年2月 [8]

2013年1月 [8]

2012年12月 [9]

2012年11月 [8]

2012年10月 [9]

2012年9月 [8]

2012年8月 [8]

2012年7月 [7]

2012年6月 [8]

2012年5月 [8]

2012年4月 [9]

2012年3月 [10]

2012年2月 [8]

2012年1月 [14]

2011年12月 [10]

2011年11月 [8]

2011年10月 [9]

2011年9月 [8]

2011年8月 [8]

2011年7月 [10]

2011年6月 [10]

2011年5月 [9]

2011年4月 [8]

2011年3月 [9]

2011年2月 [11]

2011年1月 [11]

2010年12月 [10]

2010年11月 [11]

2010年10月 [12]

2010年9月 [11]

2010年8月 [10]

2010年7月 [8]

2010年6月 [8]

2010年5月 [7]

2010年4月 [10]

2010年3月 [9]

2010年2月 [9]

2010年1月 [10]

2009年12月 [10]

2009年11月 [10]

2009年10月 [10]

2009年9月 [11]

2009年8月 [10]

2009年7月 [12]

2009年6月 [6]

2019.01

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

「Happy Holidays!」

今年もクリスマスのご挨拶をたくさんいただきました

 

私も友人達や会員さんにたくさん

 

 

の言葉を送ったのですが

 

実は、最近アメリカでは“Merry Christmas!“とは言わず

代わりに“Happy Holidays!(ハッピーホリディ)と言うのだそうです

 

キリスト教以外の信仰の異なる人たちへの配慮ということです(なるほど

 

まだまだ知らないことがたくさんありますし、

世の中もどんどん変わっております

 

 

2018のクリスマスケーキ

 

私事ですが、

我が家のXmasケーキも年々変わってきています

 

3年前はトシ・ヨロイヅカのノエル、2年前はアトリエうかいのホールケーキだったのが

 

昨年はチョコレート数粒

今年はばら売りのケーキだけ…(お味はGOOD!)

 

ダイエット中の身にはちょうどいいのかもしれませんが、

クリスマスくらいはパァーッといきたいものであります…

 

 

 

>>>>>>>>>>>>

 

 

 

さて、

書きかけていた続きを…

 

仲人になって約10年になりますが

ここ何年かで婚活の様子もかなり変わりました

 

特にここ5〜6年ほどでしょうか、

会員さんの様子が以前とはずいぶん変わってまいりました

 

 

先ずはお顔の表情です

 

以前よりもちょっぴり笑顔と元気が少なくなった気がいたします

(いい意味では‘真剣味’が増したのかもしれませんが…)

 

写真撮影ではにっこり微笑んでいただけるのですが、

面談の時は、男女共に焦りや疲労感が出ている方が増えているようです

 

 

それから

結婚相手に対する条件が明らかに以前とは変わってきました

 

 

5〜6年前までは

 

男性が女性に求めるのは

見た目重視で若く見える方なら年齢は気にしないという方が多かったです

 

実際、30代後半の男性と超美人の40代半ばの女性というご成婚もありましたし

over40同士のカップルも多かったです

 

年上女性を好む男性も多く見られました

 

 

女性は条件が厳しい方とそうでない方がはっきり分かれていた気がいたします

 

厳しい方は

見た目はもちろん、年齢、身長、学歴、職業、年収、家族状況等々

譲れない条件をたくさん並べておられました

 

そうでない方は

条件よりもフィーリング重視、‘価値観の合う人’という言葉をよく耳にいたしました(今では死語の世界かも滅多に聞かなくなりました)

 

 

さて、それが最近ではどうなったかと言いますと…(次回に)

 

 

 

 

********************************

 

 

来年こそは、絶対に結婚したい!

真剣に結婚を願う方のお世話をいたします

 

 Happy Holidays

 

お問い合わせはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html    

 

ブログでは書けない実践的なアドバイスもいたしますよ

 

 

2018/12/25

 

 

結婚も婚活も義務じゃない!

7年前に30代半ばで卒業され、

いつのまにやら、なんと!3児のわんぱく坊やのママとなっているOG(元会員さん)Hちゃんからメールをいただきました

 

「私の時は恵まれていたんですね。今の方達は大変ですね…」

 

「〇〇ちゃん(だんな様のお名前)とデートで行った思い出の店が婚活パーティやっててがっかりしました」

 

(こういう意見はよく耳にします。結婚した後は「婚活」の舞台はなぜか敬遠されるようです。なんとなくわかる気が…)

 

Hちゃんとだんな様のご実家はどちらもお住まいの近くなので

時々はお子さんを実家に預けて二人で外食や趣味の映画に出かけるのだそうです(独身時代からママになってもお洒落なHちゃん)

 

自治体の婚活イベントは助成金が出る場合もあるので

お店は儲かるのかもしれませんが、

 

婚活パーティーで稼ぐお店より料理の味を売るお店のほうが私もやはり好きですね…

 

また、

婚活イベントの会場で挙式されるカップルさんも少ない気がいたしますよ…(イメージが

 

 

 

6年前にご結婚された

現在40overのOGMさんは

 

「もしまだ実家で暮らしていたらゆうこさんのブログにあったように子供、子供、と脅されてたと思います…」

 

「それに婚活、婚活とうるさいあんな所、絶対住みたくないです」

 

彼女は現在婚活支援が盛んに行われている町のご出身ですが

今はだんな様の勤務先近くのアパートで小さなお姫様と3人暮らし

 

交際期間1ヶ月足らずで卒業されたMさん夫妻ですが、いつお会いしてもラブラブなお二人

毎日の夕飯後のもぐもぐタイムがお楽しみなのだそうです(お茶とお菓子やフルーツ)

 

実は、昨日

Mさんのお宅に遊びに行ってきました!お嬢ちゃんめちゃめちゃ可愛かったです(写真撮り忘れ

 

 

 

>>>>>>>>>>>>

 

 

 

何度か書いた気がしますが、誰もが知っているイソップ寓話

『北風と太陽』

 

脅しのような言葉(ハラスメント)で格差を生むような

少子化対策のための婚活支援が横行する町は

 

北風の町です

 

 

既婚者も独身者も

結婚したい人もしたくない人も

子を持つ者も持たない者も

子を持ちたい人も持ちたくない人も

異性が好きな人もそうでない人も

健康な人もそうでない人も

障がいのある人も

個性のある人も特徴のある人も

 

 

みんな受け入れてくれる町(世の中)

 

「結婚」「婚活」

という言葉や

偏った価値観を強要されない町(世の中)は

 

太陽の町です

 

 

太陽の暖かさで旅人が上着を脱いだように

 

温かい太陽のような町

 

そんな町があればいいと思います

 

そんな世の中になればいいと思います

 

 

 

結婚も婚活も人間の義務じゃない!

 

 

 

>>>>>>>>>>>>>

 

 

 

ところで、

昨日Mさんのアパートではついお喋りと可愛いお嬢ちゃんに夢中になり、

慌ててお見合い場所に駆けつけました所

 

なんと!

着ていたジャケットが裏返し…

 

帰宅してから気付きました

 

(太陽のように温かいMさんのお部屋で脱いだ上着でしたが…大失敗)

 

裏返しとも知らず、涼しい顔をして

会員さんが揃うまでお店のXmasツリーを撮ったりしていました

 

「タベタリーテ」のXmasツリー

 

 

夜のお見合いは砺波のグルメどころ「タベタリーテ」さんにて

 

女子に大人気のお店です(Xmasデートのご予約はお早目に)

 

 

 

********************************

 

 

親のため、地域のため、少子化のための結婚なんてなんか変

結婚は義務じゃない!

 

自分の人生を決めるのは自分…

 

真剣に結婚したい!

パートナーのいる暮らしを願う方のお世話をいたします

 

お問い合わせはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html    

 

 

2018/12/19

 

 

婚活は人間の義務じゃない!

今年も残すところ2週間とちょっと

かけこみ入会の方も多いです

 

最近毎日のように面談で耳にする言葉…

 

「もっと早くこればよかった!」

 

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

年齢を重ねていく内に

友人知人の紹介もめっきりなくなって合コンもとんとご無沙汰

 

勇気を出して婚活パーティーに参加、

カップルになったのはいいけれど、詳しく聞いたら希望の条件とはほど遠い…

 

いつも同じ顔ぶれのパーティーに向かう足取りも重くなり

 

思い切って始めた婚活アプリでは、なんと!お申し込みが殺到

 

やっと自信を取り戻し、理想のタイプの男性と付き合うことになったけど

いつになっても彼から結婚の二文字は出てこない…

 

痺れを切らし、気持ちを確かめてみたら

返ってきた言葉は

 

「まだ結婚する気はない」

「貯金ないし」

「もっと他の人ともつきあってみたい」

 

これって一体、どういうこと?

私、今まで何してたの?20〜30代の貴重な時間を返してよーーー

 

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

自分史上最高の写真を提出した自治体の婚活支援事業では

何度も紹介を受けるのだけど、会った後にいつも同じ理由で女性からお断り

 

自分の条件は難しいと思って事前に伝えてあるはずなのに…

 

ネットで知り合ったのは、自分にはもったいないくらいの若くて綺麗な女性

会ったその日に意気投合

うまくいきそうな予感があったのだけど

結婚の話題はうまくはぐらかされ

会うたびにどんどん高額になる食事やプレゼントのおねだり…

 

その内、LINEはブロック

あの子、本当に結婚相手を探していたのかな…

 

俺ひょっとして…

 

 

 

>>>>>>>>>>>>

 

 

 

出会った後の‘しばり’がない婚活支援や婚活事業は

カップル成立後は自由恋愛となり、

本来の目的である「結婚」とは程遠い流れに無駄な時間を費やすという

本末転倒な事態を招く傾向にあるようです

 

 

裏話になりますが、

商売としては

責任のない婚活イベントやパーティーほど

楽しめる面白い企画はありません

 

業者は参加費で儲けますので、成婚よりも‘集客’が一番の目的となります

 

カップル成立(イベントでマッチングすること)の後はどうぞご自由に

 

というやり方は、

責任がないにもかかわらず

「婚活」の名の元、少子化に貢献、社会奉仕をしているような気分にも浸れますので

ある方々にとっては一石二鳥の旨味があるポジションなのかもしれません

 

他人に感謝されたい、崇められたいという偽善のボランティア精神は

‘スーパーボランティア’とは一線を画します

 

少子化対策のための自治体の婚活支援事業では

その場のカップル成立の数を成功実績のようにカウントいたしますが

 

カップル成立がその後成婚まで至った実績や確率を表す数字は見当たりません

 

そこに怖さがあるように思われてなりません

 

本気で結婚を考えていない相手と交際した時間は取り戻すことができません

 

参加者の中には

既婚者、彼女彼氏がいる人、婚歴を隠している人、年収や雇用形態を偽っている人の話も耳にします

 

また、県内には

一度参加した者が自治体の事業以外の所で知り合った人と結婚した数まで

婚活事業の成婚数として堂々と公表している自治体があります

 

根拠の無い母集団による数値はまやかしの実績です

 

以前そのことを指摘しました所、逆に叱られてしまいました

 

もちろん、

本当に婚活イベントで出会って成婚された方もおられるのはとてもHAPPYなことですが

 

わざわざ自治体が税金を投入してまでやらなくても

民間業者があるのでは?と思ってしまいます

 

交際期間や成約料等のしばりがない婚活支援は誰でも参加できてしまいます

本来自治体がやる以上はそうであるべきです

 

男女別に年齢制限のあるイベントの存在自体が不思議です

自治体が行なうのなら

性差、職業、年齢等に条件付けをすることは問題だと思います

 

なのに

「早く結婚せんな子供産めんようになる」

と、脅しのような

時代錯誤の‘子を産むための結婚’のお世話をするおせっかいなやり方がいまだに存在しているのです

 

 

長くなりましたので、次回に続きます

 

 

2018/12/13

 

結婚は人間の義務じゃない!

 

「結婚は人間の義務ではありません。

 

結婚をしなくても僕たちはきちんと働いて
税金を払います。

 

少子化になったって

高齢者の方を見放すようなことはしません。

 

ただ 抽選見合い結婚法を
立ち上げた馬鹿野郎政府にも僕は感謝しています。

 

なぜなら

この世の中に埋もれていた多くの悲しみを
浮き彫りにしてくれたからです。

 

国はそのことに気付かせてくれた。

 

僕たちに人生について
考える機会を与えてくれた。

 

そういう意味では
馬鹿野郎政府も少しは役に立つってことです。

 

でも もう終わりにしませんか?

 

僕たち馬鹿野郎も
ちゃんと学びました。

 

自分たちの頭と心で
考えるようになりました。

 

自分をしっかりさらけ出して
人と向き合うことが大事なんだ。

 

それができたとき
僕たちの人生は前に進むんだと。

 

そのことを実感できたんです。

 

だからこんな荒療治
もうおしまいで いいんです。

 

最後にもう一度言います。

 

結婚は人間の義務じゃない!

 

自分たちの人生は
自分たちで選んで決めます」

 

 

これは、

TVドラマ『結婚相手は抽選で』の最終回

野村周平さん演じる龍彦(たっちゃん)のスピーチの台詞です

 

改めて文字にして読むと、特に

 

「結婚は人間の義務じゃない!」

 

に強く共感を覚えます

 

今年の〆の心の声、先ずは

たっちゃんのスピーチから始めさせていただきました…(次回に続きます)

 

 

 

>>>>>>>>>>>>

 

 

 

先日、仲良しさんと一緒に

ある用事で東部の会員さんに会いに行ってきました

 

先ずは入善の「牡蠣ノ星」

 

 生牡蠣(牡蠣の星)

 

 

 

 

 

「牡蠣ノ星」店内

 

海洋深層水で浄化した生牡蠣は安心安全!上品な味わいでした

 

 牡蠣ノ星にて食す

 

運転につき、ノンアルビールで乾杯

 

 

帰りは滑川に立ち寄って

話題のハンモックカフェ「Amaca」

 

 ハンモックカフェ入口

 

 

 

 

 

 

 

 

店内にはハンモックがいくつも

 

ハンモックカフェ店内

 

お尻を深ーく入れてリラーックス

 

 ハンモックカフェにて

後から見るとミノムシです

 

リンゴとさつまいものパフェ(@1500)をいただきました

 

ハンモックカフェの焼きリンゴのパフェ

 

見た目もお味も最高に美味しかったです

 

会員さんのデートにもおススメです

(意外に男性のお客さんが多くて驚きました)

 

 

ハンモックでパフェを食べた後は
なんだかほっこり、すごくリラックスして帰ることができました…効果が出やすい性質なのでしょうか

 

 

 

 

>>>>>>>>>>>>

 

 

 

今年は

朝日、黒部、入善、滑川と、東部の会員さんがたくさん成婚されました

 

私は今回のような遠距離ドライブはしょっちゅうですが

 

会員の女の子たちが小さい車を運転して

遠くから砺波(前は高岡)のサロンまで来て下さったと思うと

 

なんだか

熱い思いが込み上げてきました

 

もちろん、男子もです!

 

せっかく遠い所からお見合いに来てくれて

 

結果がとなると、心が折れてしまいそうになる気持ち、よーくわかります

 

 

「柳に雪折れなし」

 

という言葉を聞いたことがあります

 

〔柳の枝はしなるので、雪が積もっても折れないことから〕

柔軟なものは弱々しくみえるが、剛堅なものよりもかえって強いたとえ
 
 
 
 
 
たとえ直ぐに結果は出なくても、柳のように
心を柔らかく、しなやかな足取りで歩み進めていく事が婚活にも必要なのかもしれません
 
 
 

 

 

*******************************

 

 

県内全域の新規男性会員さんを大募集! 

20〜40代の

会社員、公務員、専門職の男性にご紹介したい女性が登録しています

真剣に結婚を考えている方だけお問合せ下さい

お問い合わせはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html   

 

 

2018/12/9

 

 

 

 

 

今年のおわりに

 

富山県の人口 105万人を割る 46年ぶり

 

 

今日、夕方のニュースで

11月1日の時点で富山県の人口が105万人を割りこんだというニュースが流れていました

 

深刻な地方の人口減少、少子化の問題が持ち上がって久しくありませんが

いつも思うのは

ずいぶん前からわかっていたことなのに、なぜ最近まで無為無策だったのか不思議でなりません

 

 

10代でアルバイトデビューした時から

 

商いの世界では

「政治と宗教とプロ野球の話はタブー」と教えられてきましたので

 

本当は触れない方がいいのかもしれませんが、

 

正直言って

少子対策のための婚活支援に関しては言いたいことが山積みです

 

最近の毎週末のお楽しみだったTVドラマ

『結婚相手は抽選で』

が終わってしまい、改めて‘婚活’に思うことが噴出してきました

 

平成最後の師走の月となりましたので、

1年の締めくくりに

 

仲人として思うところを少し書いてみたいと思います(次回〜心の声全開で)

 

 

 

 

 

 

さて、サロンには

ブライダルハウスKOTOBUKI(ことぶき)さんから

 

12月真っ赤なドレス

 

Xmasカラーの

真っ赤なドレスが届きました

 

サロンに入る度にドキッとしちゃいます

 

週末に打ち合わせに来てくれた20代の男性が

 

「すごっ!こういうのいいですね!」

 

と言ってくれたのが新鮮でした〜(ちょっぴり驚き)

 

意外に

女子の赤い色を好む男性は多いみたいですよ

 

 

 

**********************************

 

 

新規男性会員さんを大募集! 

20〜40代の

会社員、公務員、専門職の男性にご紹介したい女性が登録しています

お問い合わせはコチラまで(要予約)

http://www.nakodokobo.jp/mail/form.html   

 

 

2018/12/3